旅行・英会話・ネットショッピングなど、アイプラス店長のキューティー吉本が色々なことを研究するサイトです

常磐線ユーザーは上野東京ラインに期待しないほうがいい理由

2014/12/06

2015年の3月に、上野東京ラインが開業します。上野東京ラインが開業すると、東海道線、宇都宮線、高崎線、常磐線が、東京駅経由で1つにつながります。

JR東京駅 赤レンガの駅舎は丸の内口にあります

なので、今まで上野駅どまりだった列車が、東京、新橋を経由して、横浜小田原方面へ直通できるようになるのですが・・・。残念ながら、上野東京ラインの恩恵をあんまり受けることができない人がいます。それは、茨城県に住む常磐線ユーザーです。

なぜかといいますと、常磐線の電車だけ交直流電車なんです。

JR常磐線 E531系 前面 上野駅にて

常磐線は、東京都と千葉県内(正確にいうと、利根川を渡った先の取手駅まで)は直流区間、茨城県内は交流区間です。この両方を直通できるよう、茨城県内を走る常磐の電車は交直流電車なのです。

一方、東海道線、宇都宮線、高崎線をはじめ、首都圏を走る電車は、ほとんどが直流電車です。なので、東海道線の電車は、取手駅までしか行くことができないのです。

E233系 東海道線普通列車

「じゃあ、交直流電車を増やせばいいじゃん。」

いえいえ、そう簡単には行かないのですよ。交直流電車の最大の欠点は、作るのにお金がかかること。なので、そう簡単に作ることができないし、間違っても東海道線、宇都宮線、高崎線の電車を全部交直流電車に変えるなんでできないんです。(その理由は、この記事をご覧ください)

そんなわけで、茨城県からの常磐線の列車は、大半が上野駅どまりになるんじゃないかというのが、キューティー吉本の予想なんです。

JR東北本線 上野駅 正面出入口

でもって、常磐線の列車で、上野東京ラインを通って東京駅方面へ行く列車は、千葉県と東京都を走る列車ということになると思うのですが、これにも問題があります。

JR常磐線 E231系 上野駅にて

常磐線を走る直流電車はあるにはあるのですが、区間が短いので、大した本数の電車がないんです。しかも、東海道線、宇都宮線、高崎線の電車と仕様が異なり、グリーン車がついていないのです。

確かに、この電車を増やすほうが、交直流電車を増やすよりはハードルが低いのですが、いわゆる通勤型といわれる電車を長距離走らせるとは思えず、頑張っても品川駅どまりになるんじゃないかなと思っています。

JR京浜東北線 京浜急行電鉄本線 品川駅 高輪口駅舎

そんなわけで、常磐線ユーザーで上野東京ラインの恩恵を受ける人は、特急ひたち特急ときわ東京駅に行く人か、千葉県内にお住まいの方か、取手駅で常磐線に乗り換える関東鉄道線の沿線の人、ということになってしまいます。なので、茨城県から東京方面に通勤しているお父さんから見ると、ぬか喜びに終わってしまうかも知れません。