旅行・英会話・ネットショッピングなど、アイプラス店長のキューティー吉本が色々なことを研究するサイトです

他の都市も見習って欲しい 札幌市内中心部の住所表記

2014/01/12

札幌市の優れた特徴は、地図が要らないんです。なぜかと言うと、京都市の住所表記とおんなじ感じになっているんです。(京都市の住所表記は、この記事をご覧ください)

札幌市 南5条西6丁目交差点

この交差点、「南5西6」と書いてあります。こう書いて、「南5条西6丁目」と読みます。しかしこの交差点表記が、札幌以外に住んでいる人から見ると「???」なことになっています。この写真をご覧ください。

すすきの付近の交差点 信号の住所表記にご注目

雪が降っている点と、路面電車が走っている点を除けば、普通の交差点です。でも、信号の住所表記をご覧ください。まずは、向かって左側の信号です。

すすきの付近の交差点 信号の住所表記は南5西6

「南5西6」と書いてあります。次に、向かって右側の信号です。

すすきの付近の交差点 信号の住所表記は南5西7

「南5西7」と書いてあります。なんと、同じ交差点なのに、住所表記が違うんです。これが、札幌市中心部の住所表記の特徴なんです。

そもそも「南5西7」ってどこから数えるのかと言うと、これです。

さっぽろテレビ塔 大通公園側から この日は雪でした

はい。さっぽろテレビ塔です。

札幌市内の住所表記って、まずはさっぽろテレビ塔から数えて、南または北に何本目の道路に面しているかを記述します。例えば、「南6条」と書いてあればさっぽろテレビ塔から南へ6本目の道、「北4条」と書いてあればさっぽろテレビ塔から北へ4本目の道沿いにあることを表します。例外は大通。ここは、さっぽろテレビ塔が建っている通りでして、「大通」と記述します。

札幌テレビ塔の展望台から見た雪景色 西側

次に、さっぽろテレビ塔から数えて、東または西に何個目の区画なのかを記述します。例えば、「西4丁目」と書いてあれば、さっぽろテレビ塔から数えて西へ4つ目の区画を表します。なので、この交差点の場合・・・

すすきの付近の交差点 信号の住所表記にご注目

向かって左側がさっぽろテレビ塔から数えて西へ6つ目の区画、向かって右側がさっぽろテレビ塔から数えて西へ7つ目の区画なので、同じ交差点でも住所表記が違うというわけです。

しかし、この住所表記だと地図が要らないので便利だったりします。なにせ、住所を見ただけで大通から北(または南)へ何本目の道と、さっぽろテレビ塔から東(または西)へ何本目の道の交差点を目指せばいいか、一目でわかるわけですからねぇ。