新卒対象の就職や、普通の転職はもちろん、フリーター・ニート脱出から第二新卒・障がい者・うつ病の就業支援もサポート

どんな理由だったら取れる? 有給休暇

2019/08/25

横浜みなとみらい地区 大観覧車と横浜ランドマークタワーが見えます

正社員ですと、有給休暇(略して有休)を取ることができます。有給休暇というのは欠勤とは異なり、休んでいる間も給料が出ます。

有休休暇を取る理由として、ありがちなのが体調を崩した場合。これには、お子さんが体調を崩したというケースもあるでしょう。また、病院に行く、役所に行くといった、どうしても平日でないとダメな用事がある場合に有休をとるケースもあるでしょう。更には、

「今日は体調不調のため、有休を取りたいのですが。」

・・・と会社に電話を掛けたのはいいのですが、後ろからスキーリフトの案内放送が丸聞こえだったなんてケースもあったみたいです。

では、どんな理由だったら有休が取れるのか。もし有休を取った理由が嘘だったとバレたらどうなるのか・・・て言うか、有給休暇を取る理由を説明する必要はない、というのが答えです。しかし、有給休暇を取るためには、大抵のケースの場合は届出書を出さなければならず、その届出書には「事由」と書いたあったりします。しかし、そこには「私用のため」と書けばOK。詳しい理由を書く必要はありません。

なので、「有給休暇を取りますといったら、その理由を根掘り葉掘り聞かれた」なんて会社はブラック企業予備軍と思っていいでしょう。

それなら、なぜ届出書には「事由」という欄があるのかというと、「お休み=有休」とは限らず、親族がなくなった場合の忌引き休暇をはじめ、有休以外にも休暇の制度があるからです。この場合は、理由をちゃんと書かないといけないケースはあります。

会社によっては有給休暇奨励日と言って、「この日はよほど忙しい人を除いて、有給休暇を取りましょう」という日が定められている会社もあります。また、有休も1日単位の取得だけではなく、半日単位での取得や、すごい会社だと時間単位で取得できるところがあります。一方で、夏季休暇の制度がなく、夏休みが欲しい人は有給休暇を取ってくださいという会社もあります。

確かに、業務が忙しい最中に有休を取るのはいかがなものかという意見もありますが、だからと言って、有休を取る暇が全くない、それどころか普通の休みすら取れない、なんて会社は間違いなくブラック企業ですね。

あわせて読みたい

地方や中小企業に労働法違反が多いように見えるのはなぜ?... 先にお断りしておきますと、このタイトルはかなり毒を含んでいまして、地方にある企業がすべて労働法に違反する行為を行...
ランチタイムにミーティング これって労働基準法違反なんです... テレビ局の名前は伏せますが、こんな内容の放送がありました。 お昼休みになると、社員がお弁当を持って、会議室...
足せば休憩1時間って労働基準法では認められません... キューティー吉本的に苦笑に堪えなかったが(・・・て当事者の方には申し訳ないのですが) その方はトラックのド...
「お前はクビだ! 明日っから来るな!」は労働基準法違反です... タイトルにも書きましたが、社長や上司が怒って、 「お前はクビだ! 明日っから会社に来るな!」 と言っ...
ブラック企業対策! やはり知っておきたい労働基準法の残業ルール... 世間で言うブラック企業の特徴の一つに、「残業時間が極端に長い」というのが挙げられます。では、残業に関するルールを...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です