アイプラス店長 キューティー吉本がお勧めする商品情報を集めました

製品レビュー:スーツケース KD-SDK Mサイズ

2018/04/21

スーツケース KD-SCK この段ボール箱に入ってきました

キューティー吉本は基本的にキャリーバッグを使わないのですが、海外とか長期とかの旅行や出張用に、スーツケースは持っていたのでした。で、かなり前に使ったときに壊れたので、これを機会に買い替えることにしました。ただ、めったに使わないので、お値段は安め。5,000円でお釣りが来る感じです。

スーツケース KD-SCK 外観 ビニール袋を取る前

箱を開けてみれば、箱とほぼ同じ大きさのスーツケースが登場。そりゃあ、荷物を飛行機とか宅配便とかで送った時に、中身を守るための代物ですから、衝撃を和らげるための梱包資材は不要ですよね。

スーツケース KD-SCK 外観

改めて、本体とご対面。これ、かなり軽いです。理由は簡単で、プラスチック素材だからなんですね。コーナープロテクトはついているものの、耐久性はどの程度なのかは不明。ま、使用頻度がそれほど多くないのであれば、これで十分だとは思いますけどね。

スーツケース KD-SCK 上面 キャリーバーとは別に、取っ手が付いています

上から見たところ。キャリーバッグならではのキャリーバーとは別に、ちゃんと取っ手が付いています。これはプラスポイント。取っ手がないと、階段で困りますもんね。

スーツケース KD-SCK キャリーバーは結構伸びます

キャリーバーは結構長く伸びます。ただ、素材がプラスティック故、キャリーバーに通せるブリーフケースを付けるのは、耐久性の問題で厳しいかも知れませんね。

スーツケース KD-SCK 側面 TSE対応のロックが付いています

横から見たところ。ちゃんとTSEロックが付いています。これがないと、アメリカの空港で手荷物を預けるとき、鍵をかけずに預けないといけません。ロックはダイヤル式のなのですが、なぜ3桁? 根拠はないのですが、4桁にするか、ダイヤル式とは別に、鍵でロックをかけられるようにして欲しかったな・・・て、それだったら高いスーツケースを買えってことですね。

スーツケース KD-SCK 側面 荷物が多くなったら伸ばせる仕組みです

反対側は、こんな感じ。ありがたいことに、ファスナーを開ければ本体長を伸ばせるんですね。これ、お土産を買うから、行きよりも帰りの方が荷物が多いってことをちゃんとわかってるんですね。正直これはありがたいですね。

スーツケース KD-SCK 開けてみたところ 典型的なスーツケースですね

中を開けるとこんな感じ。典型的な、スーツケースです。なので、荷物を小分けしたいときは、ポーチやら何やらを買ってくださいと。キューティー吉本的には、正解だと思いますけどね。

しかし、問題はこのキャリーバッグを使う予定がないこと。理由は簡単で、7日ぐらいの旅だったら、スーツケースだかキャリーバックだかが要らないんですね。なので、東京駅でキャリーバッグを転がしている人を見るたび、「あれ、一体どこの国へ行くつもりなんだろう」って思ってしまうんですよね。

あわせて読みたい

製品レビュー:Panasonic ES-RP30 トラベル用メンズシェーバー... 前々から欲しかったのですが、ついに買ってしまいました。旅行に行ったときに使うシェーバーです。普段使いのシェーバーって、で...
製品レビュー:海外でも使える携帯用電気ケトル... ウィークリーマンションに滞在した場合、問題が一つありまして。それは、いかにしてお湯を沸かすか・・・なんです。ウィ...
製品レビュー:スーツケース KD-SDK Mサイズ... キューティー吉本は基本的にキャリーバッグを使わないのですが、海外とか長期とかの旅行や出張用に、スーツケースは持っ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です