旅行・英会話・ネットショッピングなど、アイプラス店長のキューティー吉本が色々なことを研究するサイトです

JR東日本vs京急 その1 横浜編

2013/11/08

横浜駅は、JR線の改札口と、京浜急行電鉄線の改札口が、隣どおし並んでいたりします。しかも、JR線と京急線の連絡改札口もありまして、わざわざ改札の外まで出なくても乗り換えできるんです。

京浜急行本線 JR横須賀線 横浜駅 東口 駅舎

しかし、JR東海道線に乗っても、京浜急行線に乗っても、品川駅に行けるんです。さて、どっちがお得か。まずは、京急線の運賃を見てみます。

横浜からの京浜急行線の運賃 品川まで290円です

横浜-品川は290円です。では、次にJR東日本の運賃を見てみます。

小田原からのJR線の運賃 品川まで280円です

横浜-品川は280円です。わずか10円ではありますが、この勝負はJR東日本の勝ち!
しかし、品川までは280円と割安なものの、隣の田町に行ったら100円アップ。更に隣の浜松町へ行ったら70円アップ。JR東日本って、品川から先に行こうと思ったら急激に運賃が上がるんです。

しかし、もっとすごいのは京急。泉岳寺の次の駅、三田(JR田町駅の隣にあります)へ行こうと思ったらなんと170円アップ。理由は簡単で、泉岳寺から先は都営浅草線なので、都営地下鉄の運賃を取られるからなんです。なので・・・

「私、浅草まで行くんです。」

とか・・・

「私、押上駅まで行って東京スカイツリーを見てくるんです。」

みたく、都営地下鉄沿線に行く人を除いて、JR東日本に分がありそうです。だからこそ、京急って横浜から羽田空港に行く人を優遇しているのかも。

3 件のコメント