最短即日OK! 独立・開業を目指すフリーランスと、独立・開業を目指す方と、副業・アルバイト・パートで収入UPを目指す方のための情報です

フリーランスになると源泉徴収がなくなるって本当?

2019/10/17

大阪城公園 大阪ビジネスパークの高層ビル群 大阪城天守閣付近から撮影

サラリーマンの場合、毎月の給与や賞与から、源泉徴収という形で所得税を天引きされます。で、毎年12月に年末調整を行って、正しい所得税額と、源泉徴収された金額との差額を精算します。

フリーランス、つまり個人事業主の場合、年末調整はありません。年に1回確定申告を行いまして、ここで所得税額が決まる仕組みです。(もちろん、所得税額が決まるだけじゃなくて、ちゃんと税金を払わないといけないのですが)

では、源泉徴収はなくなるのかというと・・・なくなるとは限りません。

例えば、タレントや作家、クリエイターなどのように、どこかの所属事務所やマネジメント・出版契約している事務所などが源泉徴収を行うケースがあります。これは、年に1回の確定申告と同時に所得税を支払う仕組みの場合、すでにお金を使い込んで、所得税が払えないケースがあり得るからだそうです。これは、フリーランスのITエンジニアでも、エージェントを通して仕事をもらってきた場合も、エージェントによっては源泉徴収を行います。

で、源泉徴収を行った場合、年末に源泉徴収票がもらえるのかというと、もらえません。なぜかと言うと、年末調整を行っているわけではないからです。その代わり、年末になると支払調書が届きます。この支払調書に記載されている源泉徴収税額を、確定申告時に申告する仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です