旅行・英会話・ネットショッピングなど、アイプラス店長のキューティー吉本が色々なことを研究するサイトです

製品レビュー:dyson pure cool

2020/06/09

dyson pure cool 外箱 とにかく長い

我が家の扇風機も、買ってから20年が経過。もうそろそろ新しいものに変えようということで、ここで奮発してdyson pure coolを買ってしまいました。空気清浄機能が付いている奴ですね。

・・・で、来たのはいいのですが、とにかく長い!

dyson pure cool 中身

どうにかこうにか、箱を開けます。中身がこちら。本体が羽(って言うか風が出てくるところ)と、足(ファンと空気清浄機が入っているところですね)に別れていました。後、取扱説明書とリモコンが入っています。

dyson pure cool 組み立てたところ

組み立ては、取扱説明書を見るまでもなく完了。だって、羽を足にかちゃんとはめるだけですもんね。

dyson pure cool 卓上扇風機との大きさの比較

しかし、これが想像していたよりもでかい。右側に、以前使っていた扇風機を置いてみました。

dysonって、羽の高さを変えることができず。だったら、以前の扇風機で首を思いっきり伸ばした時の高さと同じぐらいの高さのやつが欲しい・・・で、結果がこれです。

大きいうえに倒れそうなのが心配なところですが、細くて場所を取らないのが嬉しいところです。

dyson pure cool リモコン

リモコンはピクトラム表示。電源スイッチと首振り、タイマーは何となくわかるのですが、風量調節ボタンがちょっとわかりにくい。(慣れれば大丈夫ですが)

dyson pure cool リモコンは本体の上に置けます

リモコンはマグネット式になっていて、本体の頭に置くことができます。

試運転をしてみたのですが、ファンの音が一般的な扇風機に比べてやや大きめ。ただし、あんまり気になりませんでした。風量が10段階でコントロールできるものの、一般的な扇風機よりも風量が弱め。これだけ大きいんだからリビングで使っても大丈夫と思ったら間違い。大きくても10畳ぐらいですね。

羽がないのでお子様がいるところでも安心で、しかも場所を取らないのが嬉しいです。後は、空気清浄機のフィルターがどれぐらい持つかですね。